未来記憶とは

将来、
〇〇になりたい。
〇〇をしたい。

夢とは、生きる目的があって、その目的を達成したらうれしいこと、それが夢になります。

その達成したらうれしい夢は、実現に向けて未来の計画が立てられ、それにもとづいて日々行動していきます。

もし、その未来の計画、日々やるべきことを忘れてしまっては夢達成に近づけないので覚えておく必要があります。

〇〇という夢を達成するために、今日(今週・今月・今年)やることはこれとこれとこれ!

という具合に、夢達成に向けてやるべきことを覚えておくこと、これは一種の記憶で、未来記憶と呼ばれるものです。

この未来記憶があればあるほど、夢に向けてやるべき行動を選択でき、夢をかなえることに近づきます。

一方で、この未来記憶を作ったとしても、行動が起こせないことがあります。

〇〇という夢があって一生懸命頑張っていたけど、急に行動できなくなった。
〇〇という夢があるけど、日々の仕事に追われ、やるべきこと分かっているけどぜんぜんやれない。

逆に未来記憶と日々のギャップにより落ち込んだり、燃え尽きてしまうこともあります。

なぜこのような状態になるのでしょうか。

それは表面の自分と本当の自分とのコミュニケーション、意識的な自分と無意識的の自分とのコミュニケーション、それらが円滑にいっていないからかもしれません。

未来志向コーチングでは、
①表面的な自分と本当の自分(意識的な自分と無意識的な自分)とのコミュニケーションを円滑にする。
②コミュニケーションの結果に基づいて、夢と計画の未来記憶を作っていく。

以上のことをクライアントとコーチの共同作業・セッションで行っていきます。

まとめると、未来志向コーチングとは、
「本当の自分とのコミュニケーションが円滑にいかないことで、意欲を失ってしまっている人、テンションが下がっている人のためのコーチング」で、「本当の自分とのコミュニケーションを円滑にし、やるべき夢や計画を鮮明に記憶することで、意欲ややる気を開発していくセッション」となります。

自己調整能力を高める「ロルフィングⓇ」にご興味のある方へ
筋膜リリース

重力と調和するカラダへと構造を統合していく技法「ロルフィング」。
ロルフィングによって統合が進むと、カラダの自己調整能力を高まっていきます。
疲れにくく不調の起こりにくいカラダになりたい、姿勢・歩き方を良くしたいなどのニーズのある方にお申込みいただいております。

おすすめの記事